子ども・若者ケアラー事業

ケアを担う若者が、安心して過ごせる場づくりと、「若者の声」から学ぶ機会をつくっています。

子ども・若者ケアラー事業

2016年度よりプロジェクトを立ち上げ、事例検討会を実施。

事例検討会のスピンオフとして始まった 当事者のつどい「いろはのなかまたち」のほか、

動画制作や地域の研修等へ職員が出向くなど、啓発に取り組んでいます。

事業背景

青少年活動センターでは、妹弟の送り迎えをしていたり、毎日のように家事をしていたりする若者に出会うことがあります。そんな一人の若者の声から、この事業は始まりました。

「家族のお手伝い」、そのことばではあらわすことのできないさまざまな環境で今を生きている子どもや若者たちがいます。家族のケアを担う子ども・若者のことを、ここでは<子ども・若者ケアラー>ととらえたいと思います。こうしたケアを担う子ども・若者たちは進学、就職や結婚など“人生の転機”をどのように迎えているのでしょうか。

事業内容

子ども・若者ケアラー当事者のつどい「いろはのなかまたち」

(京都府ヤングケアラーオンラインコミュニティ事業)

「いろはのなかまたち」は、

  • 家族のケアを担っている子ども・若者ケアラーの方、元当事者の方の
    ”つながりづくり”や 自分の気持ちを話しながら整理、
    ケアから離れてほっと一息つける場です。
  • おおむね中学生~30歳までの子ども・若者ケアラー当事者または経験者の方を対象としています。
    3~4人でお茶を飲みながら自身の経験について話したり、話さなかったり。
    ただその場にいることができます。
  • これまでケアの話をしたことがない人がほとんどで、ケアが終わった後も続く迷いや戸惑いについて話されます。

 

今後の予定は・・・
2024年 4月13日(土)14:00~15:30 <申し込み制>
<毎月第2土曜日開催>
 
 


 事前申込みをお願いしています。検討中でも良いので、一度ご連絡いただけると嬉しいです。

もちろん、当日の用事や体調で途中入退室や欠席等の変更が可能です。
ただし、準備等の関係で当日のメールに対し返信ができないことがあります。
急ぎの連絡は下記までお電話ください。

公益財団法人 京都市ユースサービス協会 TEL : 075-213-3681 

 

※イベント会は,内容の都合上対面での参加をお願いしております。

また、希望によってオンラインまたは対面との両立で調整しています。
お申込みの際に参加希望を【対面/オンライン】から選択してください。

 

参加への抵抗がある、個別に話をしたい、自分がケアラーかどうかわからないという方は、
まずスタッフと話をしたり、質問がしたいということでも大丈夫です。一度ご相談ください。

最近の様子はこちら


職員派遣

これまでの派遣例 

  • 更生保護女性連盟 地区会長研究協議会
  • 令和5年 神戸居場所フォーラム
  • 京都市内はぐくみネットワーク
  • 泉佐野市
  • 京都市

こんな人が参加しています!

  • いろはのなかまたち

「だれかと話してみたい」
「わたしも、ヤングケアラー・・・かな?」
「話したいわけではないけれど、同じ立場にいる人に会ってみたい」

 

  • 職員派遣

ヤングケアラーについて理解を深めたい

参加者の声

参加者の声はありません。

応募方法

  • 「いろはのなかまたち」

どんな場所なのか聞いてみたい、ケアの話を聞いてみたい、自分がケアを担っていると言って良いかわからない・・・

相談にのれるので、まずは一度、下記お問い合わせフォームか電話でご連絡ください。

 

  • 職員派遣

まずは、問い合わせフォームよりご連絡ください。

その後、担当者とやりとりで依頼内容等確認させていただきます。

お問い合わせ

プロジェクトへの参加をご検討の方は以下より
お気軽にお問い合わせください。
担当者より折り返しご連絡いたします。